舌が唸る名店紹介「どての品川」(居酒屋・堀田)

舌がうなる名店紹介シリーズとは・・・
仕事柄、全国各地の美味しいものを食べている筆者の舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

 

名古屋めしの代表格のひとつ、堀田にある「どての品川」。決して綺麗な店ではありませんが、昭和ノスタルジー漂う名店。

名物の串カツは「みそ」「しょうゆ」「ソース」の3つの味が選べます。串カツは常に揚げているので、注文したらすぐに出てきます。ソースにつけて食べるキャベツも美味しい。

 

砂肝、とん塩焼き、ねぎま、しんぞうなどの焼き物は焼くのに15分ぐらい時間がかかるので前もって注文しておきましょう。なお、焼きもの注文は1度に3本以上注文しなければなりません。オススメはねぎが甘くて香りがいい「ねぎま」、食感が最高の「砂肝」、脂が甘くてジューシーな「とん塩」。もちろん、名物の串カツはじめ、どれを食べても美味しいのでハズレはありません。

 

今回は山崎川の桜のライトアップを見た後に訪れました。19時の時点ではまだ中のテーブルは空いていましたが、その後すぐに埋まりました。立ち飲みもできますが、じっくり落ち着いて食べるなら奥のテーブルがおすすめ。

 

この日は持ち帰りする方が多く、次々にメニューが完売していきました。山崎川の桜を見がてら串カツを食べるのかもしれません。

家族4人、妻と小学生の娘二人でそこそこお腹いっぱい飲み食いして5,000円と超リーズナブル。コスパ最高で娘たちも大満足。美味しい串カツや焼き鳥、どて焼きをお値打ちに食べたい時は、ぜひ「どての品川」へ!

 

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です