WiFiの電波が届かない部屋があるので、WiFiの中継器を買ってみた

今、住んでる家は3LDK。家にいる時間のうちの95%ぐらいはリビングで過ごしています。WiFiルーターはリビングにあるため、普段の生活において電波が届かず不便を感じることはありません。ただし、少し離れた場所にある二部屋は筆者の書斎と書庫兼倉庫と子どもの遊び部屋はWiFiの電波が弱く使い物になりません。

書斎のiMacは有線でネットと繋がっているため、WiFiが飛ばなくても問題無いのですが、この部屋でちょっとiPhoneを使いたいときがたまにあるのですが、WiFiの電波が弱く、しかもdocomoの4G回線の電波も弱くて繋がらずプチストレスを抱えていました。ただ、書斎でiPhoneを使う機会は時々しかなく、そのために1万円を超すルーターをまた購入するのも…とずっと先送りしておりました。

そんな折、いつも拝見しているブログ「オニマガ」でWiFi中継機を買ったという記事があり、3,000円弱で買えて、コンセントに挿すだけで簡単に繋がるという情報を入手。先日Amazonポイントが貯まったので早速購入しました。

 

サイズはiPhoneより少し大きいぐらい。ただし厚みは結構あります。

 

今回購入したWiFi増幅器「TP-Link WIFI 無線LAN 中継器」がすごいのは、3,000円を切る価格もさることながら、本当にコンセントに挿して本体のボタンを1回、WiFiルーターのWPSボタンを1回押すだけで設定が完了すること。

 

WiFiの中継機の設定は結構面倒なのではと思っていましたが、本当にコンセントに挿して2回ボタンを押したら繋がりました。箱から出して所要時間約2分で設定完了。本体は繋がりにくい部屋と親ルーターの間ぐらいのコンセントに挿しなおせばWiFiの範囲が一気に拡大されます。

 

このWiFi増幅器「TP-Link WIFI 無線LAN 中継器」はAmazonでの売れ筋ランキング1位で、レビューが約1,000件とダントツの人気。価格はこのブログを書いている時点で2,727円とリーズナブルなプライス。

ルーターのカバレッジをデュアルバンドWi–Fiで拡大

RE200は、次世代11ACのWi-Fi技術を使用することにより、既存のWi-Fiカバレッジを拡大します。
一般機種のWi-Fiルーターならどれとも連携可能で、電波の届きにくいエリアへ強力なデュアルバンド接続を可能にするため、ご自宅やオフィス全体でシームレスな無線カバレッジを楽しむことができます。

 

広範囲におよぶWi-Fiの到達距離

Wi-Fiの到達距離を約280㎥以上に拡大・増強。オンラインゲームやHD画質の動画視聴も同時に行えます。ハイスピードモードでは高速Wi-Fiを複数のデバイスで使用できます。

 

最適なアクセススポットを探す

ルーター (親機) のWPSボタンとRE200のREボタンを押すだけで、かんたんにネットワークに接続することができます。一度既存のルーターに接続すると、本商品を中継に最適なコンセントに差し替えれば、ネットワークの拡大は完了です。スマートシグナルライトが、受信している信号強度を表示するため、室内における最適なWi-Fi中継スポットをかんたんに見つけます。

 

かんたんセットアップ

ルーターのWPSボタンとRE200のREボタンを2分以内に押すだけで、ネッワークにかんたんに接続できます。

 

ワイアレスブリッジモード

イーサネットポートに接続を行うことにより、有線LANデバイスをWi-Fiに接続することもできます。

 

幅広い互換性

802.11 a/b/g/n/acルーターと互換性があります。

 

業界高基準の保証

業界高基準の3年保証が付いています。電話およびEmailより技術サポートをお受けいただけます。

 

カバレッジなんて言葉聞いたことありませんが、意味がわからなくても何の知識も不要で簡単に繋がりカバレッジ。いやはや、便利な時代になりました。こんなに簡単に繋がるなら、もっと早く購入しておけばよかったカバレッジ。

もし、自宅の部屋のどこかがネットに繋がりにくくてプチストレスを抱えている方は、ぜひこのWiFi中継機を購入してみてください。本当に簡単に繋がって快適にネットに繋がるようになります!

なお、7月16日(月・祝)にはAmazonプライム会員限定のセールがありますので、ひょっとするとさらにお値打ちに買える可能性がありますので、とりあえず、欲しいものリストに入れておいて少し待ってみてもいいかもしれません。

 

ほな!おおきに!カバレッジ!