NTT西日本や代理店を騙った販売勧誘に引っかからないように!

先日から自宅の固定電話へ「NTTのフレッツ光を利用しているお客様にご案内です」と何度も勧誘の電話が入ってきました。妻が電話を取り「主人でないとわからないのでかけ直してください」と切っていたのですが、どうやら悪質な販売勧誘や虚偽の情報に基づくセールストークの電話だった模様。

というのはNTT西日本から「光サービスに関する勧誘トラブルが発生しております!」という案内が届きました。おそらく相当数の方が騙されていると思われます。このちらしによると、いくつかのパターンがあるとのこと。


 

ケース1

「NTT西日本がこのエリアから撤退するので●●光へ変更が必要になります。」
 

ケース2

「お客様のエリアでは新しい光回線が開通して、NTTよりかなり料金が安いため、皆さんに順番に変更いただいております。」
 

ケース3

「NTT法が改正されたので、光回線の契約変更が必要です。」
 

などと虚偽の説明を織り交ぜつつ、巧妙に自社回線へ誘導し、契約を変更させます。NTT西日本曰く、「このような事実はございません。」とのこと。

3年ほど前、「NTT西日本です」と電話がかかってきて私が電話を取って、つい話を聞いてしまいました。「今の契約よりかなり安くなる」と言われ、お酒を飲んで判断力が鈍っていたこともありますが、電話で言われるままに、サイトに誘導され、遠隔操作で契約の変更をしてしまいました。

よくよく確認したらBIGLOBEの代理店からの勧誘で気づいた時には、取り消しができない状態になっていました。Googleでかかってきた電話番号を検索したら、ほぼ詐欺のようなことを行っている会社ということが判明。該当する連絡先に電話しても、全然繋がらず、BIGLOBEに電話したら、BIGLOBE本体とは関係ない2次もしくは3次代理店が勝手に行っているとのこと。クーリング・オフ期間中になんとか手を尽くし、この変更を解約できましたが、色々調べたり、あちこち電話したり、多大なる無駄な時間を取られました。

2,3日は契約をした会社と連絡が取れず、心配で夜もぐっすり眠れなかったのを覚えています。おそらく、今回も似たような会社が勧誘の電話をしているのだと思われます。

筆者がひっかかった事例
BIGLOBEサイトより

 

今回のちらしによると、電話勧誘だけでなく、実際に家に来て勧誘してくる場合もあるようなので、知らない人が来たら絶対ドアは開けないようにしましょう。

我が家は先日、誰が玄関に来たか分かるテレビドアホンに変えました。これで娘たちも安心して留守番できるようになりました。まだ音声だけのドアホンを使っている方は一日も早く取り替えることをオススメいたします。多少の知識と技術は必要ですが、自分で付け替えることも可能。

もし、インターネット回線に関する勧誘などを受けて「おかしいな?」と思ったらすぐにNTT西日本 東海お得意様サポートセンターへ電話してください。
TEL 0800-200-2530
受付時間:午前9時〜午後5時
(年末年始を除く土・日・祝も受付中)

まずは予備知識を習得して騙されないようにしましょう!

ほな!おおきに!