来年の手帳は引き続きジブン手帳Bizminiに決定!着せ替えができるクリアカバーは必須アイテム!

毎年、年末になると、どの手帳にしようか悩みます。基本的にはデジタルで管理しているため、紙の手帳はなくても困らないのですが、やはり一覧したり、ざーっと過去のスケジュールを見直したりする場合はデジタルより紙の手帳の方が視認性は良好。

今年はジブン手帳Bizminiを使い、バーチカルカレンダーなど使い勝手が良く、気に入って使っていました。ただ、他の手帳も色々気になるので切り替えの間際まで迷っていましたが、結局今年と全く同じジブン手帳Bizminiにしました。

この手帳の特徴はマンスリー、ガントチャート、24時間バーチカルのカレンダーに分かれていること。バーチカルカレンダーにはその日あった出来事をできるだけ詳しく書き込んでおり、いわばライフログ的に使っています。スケジュール帳というよりは日記に近い使い方をしています。

 

バーチカルカレンダーの上の方に時計のシールを貼り、睡眠時間を記録しています。

 

その他、読んだ本、観た映画などを記録する欄があり、これも重宝しています。今年は映画を100本以上観ることを目標にしていましたが、見事達成できました。やはり紙の手帳に書くと進捗状況がひと目でわかるので、目標達成しやすいような気がします。

その他、この手帳の気にいっている点としてカバーを自由に変えられるということが挙げられます。買った状態ではネイビーやブラックの色気のないカバーで覆われていますが、オプションアクセサリーとして、つや消しのクリアカバーが販売されており、これを使えば自由にカバーのデザインを変えることができます。

 

来年用の手帳のカバーは東山魁夷の絵画でスタートすることにしました。豊田市美術館で開催されていた美術展で購入したA4ポスターをカラーコピーして中に挟みました。青緑の色合いが美しく、上品な手帳になりました。

コピーした用紙を…

 

クリアカバーに差し込み…

 

手帳にセットすれば完成!

 

今年は松坂屋の上野店のたねやで購入したときに包まれていた限定のパンダの包装紙をメインで使っていました。その他、気分転換がてらポルシェのカタログや海外の絶景の写真など何回か変えて楽しんでいます。2018年の手帳、2019年の手帳とデフォルトのカバーを並べてみました。

 

今年は結構パンダ柄の時期が長かったので、来年はひと月毎に、デザインを変えていく予定。リマインダーに登録しましたので、この目標も達成できるはず(笑)

そのほか、オススメのアイテムとして専用の下敷きがあります。モノの割に価格が結構するのですが、ぴったりの大きさで「TODAY」というタブがあるので、すぐに当日のページを開くことができます。一度使うともうなしではいられません。

 

ジブン手帳Bizシリーズを使っていて標準のカバーのまま使っている方はぜひこのクリアカバーを購入して世界にたったひとつのオリジナルのジブン手帳にしてみてください!

 

※下書きしてそのうち公開しようと思っていたらブログの師匠であるロンスタさんに同じ内容で先を越されました。決してパクった訳ではございません(笑)

 

ほな!おおきに!