朝活ネットワーク名古屋で才媛のマイレージ活用術を聴いてきた

毎週月曜日の朝7時から名駅のコワーキングスペース「エニシア」で開催されている朝活ネットワーク名古屋。毎回多いときで35名以上、少ないときでも15名以上は集まる名古屋で最大規模の朝活。ワタクシも過去2回登壇させていただき、どちらも30名以上の方にお集まりいただきました。

6/3(月)の朝活は 半年ほど前に主催者の宮﨑さんに紹介した某外資系金融機関で全国でもトップのセールスを誇る棚橋彩乃さんにマイレージ活用術をお話してもらうことになりました。全国においてもトップセールスを誇るだけあって、カードがらみのマイレージ活用術の知識は半端なく、実際にご自分でもマイレージを貯めて頻繁に海外へ旅行に行っておられます。

資料の作成はあまり得意ではないとのことなので、今回のプレゼン資料はワタクシが代わりにKeynoteで制作を請け負い、陰ながら応援する形となりました。何度か事前に打ち合わせをして相談しながら内容を組み立て、前日の夜もZOOMオンラインにてテレビ電話で最終確認をして本番に挑みました。

当日は絶対に寝坊できないので目覚ましをiPhone、iPad、普段仕事で使っているタニタのキッチンタイマーの3つをセットしました。おかげで寝過ごすことなく無事開始30分前にエニシアへ到着。MacbookProをプロジェクターと繋ぎ、Logicoolのポインター付リモコンセットして動作を確認。今回はBGMが欲しいとのことだったので、Ankerのスピーカーを持参し、iPadをワイヤレスで繋いでハワイアンミュージックを流すことにしました。

 

 

当の本人は珍しく風邪を引いたみたいで少し鼻声でしたが、 予定通り7時に講演がスタートし、ほっと一安心。内容は打ち合わせで全部知っていたのですが、質問コーナーで新たな情報があり、より一層知識が広がりました。マイレージはクレジットカードを持てる人であれば誰でも貯める事ができ、無料で海外旅行へ行くことができます。貯める期間は使う金額やキャンペーンを上手に使うなどで違ってきますが、必ずいつかは無料で飛行機に乗ることができます。今回の内容をざっくりまとめてお伝えします。

 

マイレージとは

・飛行機に乗ったときに貯まるポイント
・クレジットカードでもポイントが貯まる
・貯まったら特典航空券に無料で交換できる
・ANA・JALのマイレージの場合2親等以内の
家族なら使うことができる
・ANA・JALの場合、有効期限がある。
外資系は無期限が多い

アライアンスとは

・世界の主要な航空会社によって結ばれている同盟
・大きく分けてスターアライアンス、スカイチーム、ワンワールドの3つのグループがある
・サービス・マイレージの相互利用が可能
・アライアンスを知っておくことが重要

アライアンス一覧

どのぐらいのマイレージでどこまで行けるか
・15,000マイル 国内
・20,000マイル 香港、上海、台北など
・35,000マイル タイ、ベトナムなど東南アジア
・40,000マイル ハワイ
・50,000マイル ヨーロッパ

マイレージを貯める方法

飛行機に乗らずに貯めたいのであればクレジットカードを使う。マイレージに絞ってポイントを貯めていきたいのであれば、そのクレジットカードに集中させて生活費を支払のが大原則。

どこにいくかを決める

目標がないとどのぐらいのマイレージが必要かわからないので目的地を決めて必要なマイレージを把握する
必要なマイレージを把握したらどのアライアンスを利用するかを調べて、そのマイレージを貯めるようにする

マイレージが貯まるクレジットカード

ANAカード、JALカード、DELTAカード、UNITEDカードなどの航空会社系のカードやアメックスSPG、ダイナースカードなど様々な航空会社のマイレージに変換できる便利なカードがあります。

目標を決めたら、そのマイレージが貯まるのにどのくらいかかるのか試算してみましょう。100円で1マイル貯まるのが基本。年会費がかかるカードも多いですが、1年間にいくら使うとどのくらいたまって、どのくらいペイできるかをシュミレーションしてみましょう。ここで気を付けたいのが、決して消費のためにクレジットカードを使いすぎないこと。まずは固定費からカード支払いに変更してみましょう。必ずかかるものからクレジット支払いに切り替えていきます。このなかでむしろ判断基準はクレジットカードが使えるお店かどうか。全部カードで払うと何にいくら使ったのか可視化できるのも大きなメリット。

支払える経費として自動車税、大学の受験料、自動車学校の授業料、 歯科矯正費用、月々の家賃、電気・ガス料金、 生命保険・損害保険料などが挙げられます。まだ現金払いもしくは銀行引き落としにしている項目があれば切り替えを検討してみましょう。なお、家賃は不動産会社によっては使えない場合もあります。とにかく現金で支払いをするのが一番勿体ないのでできる限りカードで支払いましょう。

マイレージによって得られるメリット・体験

マイレージによって得られるメリットは3つあります。まずは純粋にチケットを無料でとれるというお得さ。そして複数都市を絡めたり周遊コースを組むことでさらにお得に、面白い旅程が組めるということ。そして意外とありがたいのが航空会社のサービスをきちんと受けられるということ。無料にも関わらず正規料金を支払った人と同等のサービスを享受できます。

後半は棚橋さんが今までマイレージを活用して行った海外旅行の体験談を話されて、その後はお得な特典航空券をさらにお得に利用できる周遊チケットについて語っていただきました。今度チャレンジしたいのは東京(成田)→上海→バンコク→トルコ→ヨーロッパ3都市→アメリカのどこか→東京のコースで必要なマイル数は80,000マイル〜とのこと。ただし、燃油サーチャージが結構な金額になるので無料では行けませんが…。

最後は質問タイムがあり、参加者の中にはかなりマイレージを活用している方もおられてハイレベルな質問が飛び交いました。マイレージの世界はまだまだ奥が深い…。

 

棚橋さんと出会ったのは約一年前の5月1日、熱田神宮へ毎月一緒に朔日参りしている友人であるY氏がきっかけで知り合いになりました。ちょうど彼女が神宮前のスタバにいて話をしたのが始まり。それから、ワタクシが3年ほど前から保有しているクレジットカードの上手な使い方を教えてもらったり、そのカードに興味のある友人を紹介したり。熱田神宮へは毎月1日には必ず参拝しておりますので、神様が引き合わせてくれたのだと思っています。

なお、今回自己紹介のページ用とSNSのプロフィール画像用に撮影をさせていただきました。ノンレタッチですが、いい感じに撮れたと自負しております。レンガバックの写真は85mmF1.8で撮影、緑がバックの写真は友人からお借りしたサンニッパレンズで撮影いたしました。


 

話は戻って、実際に使って一番オススメのクレジットカードであるアメックスSPGは年会費31,000円と有料ではありますが、1年毎に無料宿泊特典が付いているため、年1回どこかへ旅行する人であれば確実に元が取れます。ただし、年々人気が高まっており保有している人の数が増えるに連れてサービスが後退しているのは否めません。もし入会するのであれば早い方がいいと思います。

もし、興味を持たれた方は直接メッセージをいただければ担当者を紹介いたします。双方紹介特典がありますので、条件さえクリアすれば、さらにお得な特典が得られます。昨年は家族4人でウェスティン東京、ベイシェラトン横浜へ宿泊、今年はフォーポイントバイシェラトン名古屋、台湾のコートヤードバイマリオット台北へ無料で宿泊してきました。過去ブログを載せておきますので、興味のある方は読んでみてください。

 

ほな!おおきに!