子どもと一緒に鑑賞するのに最適 映画評「あらしのよるに」

今年はお正月に連休が取れたため、妻の実家へ行ったり、映画を観たりしながら家族でゆっくり過ごしました。今年の目標として映画を100本観ることにしたので、達成に向け、年明けから色々映画を観ています。

4本目として家族で観たのが「あらしのよるに」というアニメ映画。木村裕一氏による絵本を映画化した作品。ストーリーは絵本を読んでご存じの方も多いと思いますが、哲学的・道徳的に色々考えさせられる内容。10歳と7歳の娘たちも自分なりに考えながら観ていた様子。

 

子供向けではありますが、大人も充分楽しめます。声優陣が豪華で中村獅童、成宮寛貴、林家正蔵、市原悦子、竹内力、山寺宏一などそうそうたるメンバー。ただし、長老役の板東英二は声のキャラが強すぎて、浮いていました。演技が上手な俳優は声優としてもやはり上手で声優に負けず劣らず表現力があります。逆に話題作りで出ている人はやはり下手で残念な感じ。

そういった視点で楽しむのもひとつかもしれません。Amazonプライム会員の方なら無料で鑑賞可能なので、家族一緒に映画を楽しみたい方にはオススメの作品。

ある嵐の夜、仲間とはぐれたヤギのメイは、壊れた山小屋で雨風をしのいでいた。そこへ、同じように嵐から逃げてきた同士に出会う。真っ暗で何も見えない小屋の中で、話をするうちに仲良くなった2匹は「あらしのよるに」を合い言葉にして再会を約束する。お互いがヤギとオオカミだということに気付かぬまま・・・!

主演: 中村獅童, 成宮寛貴, 林家正蔵
上映時間: 1時間47分

 

 

 

ほな!おおきに!