東山魁夷の絵の風景そのまま!軽井沢の帰りに 茅野市 にある御斜鹿池に行ってきた

先日、家族4人で軽井沢へ2泊3日で旅行してきました。毎年、夏休みはアメックスSPGカードの無料宿泊特典を利用してウエスティン、マリオットなどの高級ホテルに泊まっています。年会費は31,000円ですが今回宿泊した軽井沢マリオットは普通に家族4人で宿泊すると20万円を超えますので元は確実に取れます。

 

日本画家・東山魁夷が『緑響く』を描いたことで美術愛好家の間で注目され、さらに『緑響く』が、シャープのAQUOSのCMで使われたことで、一躍有名になった「御斜鹿池(みしゃかいけ)」。 白樺湖と同様、農業用のため池としてつくられた池で酸性が強く生き物は棲息できません。そのため泳ぐ魚もいないので 風が吹いたり雨が降ったりしてい限り 静寂そのもの。
酸性を好むチャツボミゴケが湖底に繁茂しているので池面が青緑に輝き、そこに周囲の森が映り幻想的な光景が広がっています。ちょうど帰り道だったので立ち寄ってきました。

宿泊した軽井沢マリオットからは2時間弱ですが、今回は軽井沢ブルワリーで工場見学してから訪れましたので、工場からは1時間強で到着しました。かなりのぐねぐねとした山道のため車に酔いやすい方は前もって酔い止めを飲んでおくことをオススメします。

 

御斜鹿池を過ぎて50mほど行ったところに30台ほど駐車場があり、簡易トイレもあります。三脚とカメラ&レンズを持って池のすぐそばまで移動し撮影を楽しみました。

まさに 東山魁夷の『緑響く』の世界が広がっており感動の嵐! 東山魁夷の展覧会は豊田市美術館ほかで何度も鑑賞したので絵の中に入り込んだような感覚になりました。残念ながら白い鹿はいませんでしたが(笑)

 

今回使ったレンズはタムロン35mmF1.8、Canon EF24-105mmF4L、 EF17-40mmF4Lの3本。 機材としては24-105mmのズームレンズと三脚があれば問題ないと思います。

今回の旅行ではずっと行きたかった千住博美術館と白糸の滝、そしてこの御斜鹿池を訪れることができて大満足。走行距離は3日間で670kmと結構走りましたが、次の目標地点まで2時間ずつぐらいで区切ることができたので疲労感は全くなく楽しくドライブすることができました。

今度御斜鹿池へ行くときは紅葉の季節に訪れてみたいと思います。緑も素敵ですが、黄色や赤に染まる御斜鹿池もまた魅力的。もし、諏訪湖や軽井沢方面へ行かれる方はぜひ御斜鹿池に立寄ってみてください。事前に 東山魁夷の『緑響く』を鑑賞しておくこともお忘れなく。

住所 〒391-0213 長野県茅野市豊平 奥蓼科
諏訪ICから車で約30分
無料駐車場、簡易トイレあり

ほな!おおきに!