久々の新アイテム登場!紛失防止タグ「Apple AirTag」開封の儀&設定レビュー

先日、Appleの発表会にて登場した久々の新アイテムが「AirTag」。いわゆる紛失防止タグとか忘れ物トラッカーといわれているガジェットで、それ自体は目新しいものではありませんが、やはりAppleが作ると洗練された素晴らしい製品として登場しました。

Appleの新製品が色々発表になりましたが今回はAirTagだけ購入します!


 

 

それまではTileを使っていましたが、製品としてのカッコよさとクオリティが全然違います。価格はTileの一番安いタイプと比べると1.5倍ですが高機能タイプだとほぼ価格は変わりません。それならば、iPhoneユーザーが近くを通れば発見され、見つかる可能性が高くデザインが洗練されている「AirTag」が断然メリットが大きいのは誰でもわかります。

先日、MAMORIOのCEOであるMASUKI DAIKI氏がnoteで思いを綴っておられました。TileやMAMORIOなどは「AirTag」より格段に薄型コンパクトで電池が倍以上持つとか、そういうイノベーションが無い限り残念ながら事業を継続することが難しくなるような気がします。

 

ライバルの動向はさておき、「AirTag」の開封レビューいたします。

今回は4個入りを注文。1個よりも割安になります。

 

ケースから出すと横長の紙製のパッケージに「AirTag」が埋め込まれています。

 

それぞれ電池の間に絶縁のビニールが挟まっているためそのままでは作動しません。ビニールを抜いた時点で動き始めます。

 

AppleStoreで注文すると刻印ができるのですが無印にしました。シンプル・イズ・ザ・ベストですし、普段は目に付くものではないので。

 

iPhoneに「AirTag」を近づけると簡単に認識されます。AirTagがクルクルと回りアニメーションしています。こういうところがApple純正品の素晴らしいところ。

 

次にどこに付けるかを選択します。デフォルトでは下記10項目があります。

・カメラ
・ジャケット
・バックパック
・ハンドバッグ
・ヘッドフォン
・鍵
・財布
・傘
・自転車
・手荷物

この他、カスタム名を付けることもできます。

 

とりあえずは財布、キーケース、自転車、カメラに付けることにしました。自転車は世界最強の折り畳みロックでダブルロックしており、盗んだところで絶対に使えないのですが、以前、場所を少し移動させられていて、かなり焦ったことがあります。そんなときでもAirTagがあればすぐに場所が特定できるので安心して駐輪しておくことができます。

【レビュー 】GIANT RX1購入してから3年経ちました!


 

カメラはまず忘れることはありませんが、念のため。長年サクラスリングを愛用しており、ファスナーポケットが付いているのでこの中に入れておけばOK。「AirTag」をカメラに付けるならサクラスリングがオススメ!

サクラスリングPOPUPショップ開催!サクラスリングの7つの素晴らしい特徴を挙げてみた


 

キーケースには取り付けるには専用ホルダーが必要ですが、まだ手元にないので取り付けるのはもう少しになります。サードパーティからも色々出ているので、純正ではないものを選ぶかもしれません。これから「AirTag」のアクセサリーはどんどん出てくるのでしばらく様子を見てから購入します。

15年ぶりにキーケースを買い替えてみた


 

AirTag」をペアリングした後は、アプリの「探す」でどこにあるか場所を特定することができます。近くになればBluetoothの機能によりかなり正確な位置まで把握することができますので、簡単に見つけることができます。

人生においてあまりモノを無くしたことはないので「AirTag」の出番はほとんどないような気がしますが、それでもいざという時に場所がわかるのは安心できます。普段から落とし物や忘れ物が多い方はぜひ「AirTag」を購入して色々なものに付けておきましょう。

なお、早速中身を分解している記事がありましたので、紹介しておきます。

 

 


 
ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!