まろやかなとんこつスープがクセになる!旨くて唸る名店紹介「博多ラーメン なみへい」(博多ラーメン・四日市市)

旨くて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べている筆者の舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

 

実はこの店は名店紹介で取りあげようか迷ったお店。立地は決して良くない場所にも関わらず、ランチタイムは行列ができる人気店。ただ、最初食べた時は期待値が高すぎたのか、正直、唸るほどの感動はありませんでした。

 

しかし、後を引く味わいが残り、その後何度か訪れたら臭みのないクリーミーなとんこつスープがクセになる美味しさでハマりました。筆者が通うことができるとんこつラーメン店としては一番美味しいので、名店紹介で取り上げることにしました。

トッピングはチャーシュー、ねぎ、キクラゲのみ。ねぎ、キクラゲは少なめ、普通、多めが選べます。嫌いでなければ多めがオススメ。多めで頼むと、どんぶり一面にネギときくらげが乗って出てきます。

そのほか、ご飯に乗せると絶品の辛子高菜漬や紅生姜も置いてあります。また、臭いを気にしなくていいのであれば、生ニンニクを入れて食べるとさらに美味しさアップ。ただし、相当臭うので食後に仕事がある場合は避けた方が賢明でしょう。

 

替玉は券売機で事前に買っておくのがオススメですが、100円玉があれば席にて現金で注文を受けてくれます。まるまる一玉分ありますので、かなりのボリュームですが、麺が細いのでスルスルとお腹に入っていきます。

 

麺の硬さは「ばりやわ」からほとんど茹でない「粉おとし」まで7段階あります。店のおすすめは「かためん」ですが、個人的は「バリカタ」が一番好み。スープの熱で少しずつ柔らかくなって食べ終わりぐらいに、ちょうど「かためん」の硬さになります。

 

いつも訪れる時は14時を過ぎてからなので、並んだことはありませんが、ウェイティングリストを見る限りでは昼のピークタイムは何人も待つことになります。駐車場も満車になり、道沿いで待つとのこと。

 

ただし、回転が早いので待ち時間はそう長くありません。待ちたくない方は開店直後の早めに行くか、遅らせて14時過ぎに訪れることをおすすめします。なお、横一列のカウンター席しかありませんので、ファミリーやグループで食べるのには向きません。一人、もしくはカップルでどうぞ。

 

 

ほな!おおきに!