WordPressでブログ書いているならiAwriterが超オススメ!iPhoneから簡単に新規下書き可能!

WordPressでブログを書き始めて6年近くが経ちました。毎日更新が1,846日続いており、約5年間一日も欠かさず書いていることになります。始めた当初は何度か挫折して間隔が空いたりしましたが、いくつか工夫をすることにより毎日続けることができました。


続けるコツのひとつ目は記事のストックをいくつか作っておくこと。2つ目はネタをタイトルだけでもいいので思いついた時にメモしておくこと、3つ目が自宅でお酒を飲まないこと、そして4つ目がちょっと空いた時間にiPhoneで下書きしておくこと。

iPhoneでの作成はiAwriterというアプリを使っています。有料ですが痒いところに手が届く優れたエディターアプリ。他のエディターを色々試しましたがこれに勝るものは現時点ではありません。

iA Writer

iA Writer

Information Architects GmbH¥1,100posted withアプリーチ

 

iAwrierは余計な機能を排除し、集中して文章を書くことができるテキストエディタでApp Storeのベストアプリを4度受賞しています。

画面上部には文字数などのカウンターがありどのぐらい書いたのかを常に把握できます。文字数、単語数、文数などを選択できます。普段は文字数でカウントをしていますが常に文字数がわかるのはめちゃ便利。

 

書き上がったら下のメニューから「公開」→「WordPressで新規下書き」を選択すれば即座に自分の管理しているWordPressに下書きされます。複数のブログを管理している場合は選択できます。

 

またキーボードの右上の⌘メニューを押すとキーボードのモードが変わりhtml形式でマークダウンが可能になります。H1、H2などのタグや太字、b-quote、link、画像などを埋め込むこともできます。ワタクシはテキストで下書きして加工はMacで行いますのでここでlinkを貼ったりすることはほとんどありませんがiPhoneだけでブログを仕上げることもできます。

 

なお、MacOS版もありますのでこちらを購入すればiPhoneで書いたデータをシームレスにMacで加工したり、逆にMacで書いたデータをiPhoneで加工することもできます。MacOSバージョンは3,680円とそこそこしますのでワタクシはiPhoneだけで使っていますが特に不便なく使っています。iPhoneバージョンは1,100円でiPhone、iPad両方で使えます。もっと本格的にライティングする方なら両方あれば作業効率は上がりますので検討してみてもいいかもしれません。

iAwriterの特徴

ザ・シンプル

落ち着いて、集中できるライティングスペースで、あなたを最大限に表現できます。

 

集中

フォーカスモードでは、編集中の文章または段落を目立たせることで、流れるように書き続けることができます。

 

プレビュー

フォーマットの心配は無用です。プレーンテキストで書いて、HTMLでプレビューを見ることができます。

 

オーガナイズ

検索、ソート、異なったクラウドからのドキュメントの素早い交換ができます。

 

表示

iA Writerは明暗の反転モードがあります。日中も夜間も快適にお使いいただけます。

 

フォーマット

WordPress, Medium, HTML, Microsoft Word (.docx), PDFでテンプレートを設定、文書の書き出すことができます。

 

100%テキスト

リンク、画像、テーブル、テキストファイルをプレーンテキストで埋め込み、プレビューで見ることができます。

 

WordPressでブログを書いている方はぜひこのiAwriterで隙間時間にiPhoneでサクッとブログを書いてみてください。なお、iPhoneではフリック入力、Macでは親指シフト入力で記事を書いています。どちらも極めればすごいスピードで書けますのでこの入力方法は必ず習得しましょう。

指が喋るように動く!親指シフトを習得する最高の時期がやってきた!

ほな!おおきに!