名古屋–富山を往復する「きときとライナー」が超快適!車内Wi-Fiの速度を検証してみた








昨年から富山に縁があり、何度か訪れています。

交通手段として一番便利なのが「きときとライナー」。

ミッドランドスクエア前のバス停から発着しており、現在1日3便運行されています。

運賃は片道3,500円とリーズナブル。

さらにスタンプを6つ貯めると片道乗車券がプレゼントされます。

コ口ナ前は1日6便運行されていましたが、旅客需要が減っているためかただいま減便中。

朝7時30分の便が復活するとより一層便利になります。

今、日本で一番面白くて魅力ある都市「富山」へ!名古屋から行くには「きときとライナー」がオススメ!

 

今回、この「きときとライナー」にフリーWi-Fiがあることを発見。

使用の規定に同意するだけでパスワードなしで接続できます。

接続スピードは速い時で10Mbps前後、遅い時は1Mbpsを切ることもあります。

トンネルの中など場所によっては接続が遅くなったり、通信が切れる場合がありますので、動画の再生などには向きません。

 

メールやチャットのやり取り、Webでの作業なら問題なく利用できるでしょう。

信号で停車、発車を繰り返す下道でのパコソン作業は車酔いしますが、高速道路上ならまず問題ありません。

「きときとライナー」は3時間15分の行程中、3時間弱は高速道路を利用していますので、その間、仕事をしたり本を読んだり、映画を観たりして時間を過ごすことができます。

車内にお手洗いもあるので、その点も安心。

富山は今、移住促進やウェルビーイングな生活をはじめ、様々なイベントが活発に開催されています。

富山県オンライン交流コミュニティ「T-ROOM」の現地交流会に名古屋から参加してきた!

 

 

富山は寿司をはじめ、海鮮料理は激ウマですし、オシャレな店舗や施設もたくさんあります。

日本一美しいと言われている「スターバックス富山観水公園店」へ行ってきた

富山市民が羨ましい!図書館も併設されている隈研吾デザインの富山ガラス美術館へ行ってきた!

富山の極上の酒の肴が勢揃い!2階には高級宿がある「つりや」へ行ってきた

極上のクラフトビールが楽しめる!美味しくて唸る名店紹介「kobo brew pub」(ビアパブ・富山市)


 

これからチューリップや菜の花、桜が咲く季節がやってきます。

特に有名なのがあさひ舟川の「春の四重奏」。

地元舟川新地区の農家が、桜に合わせて極早生のチューリップと菜の花を栽培しており、雪を抱く白馬岳・朝日岳の北アルプスを背景に、桜並木とチューリップ、菜の花の四重奏を楽しめます。


ドローン資格を取得し、この頃にはドローンの操縦もかなり上達していると思いますので、撮影がてら家族でお出かけしてみるつもり。

名古屋–富山は意外と便利で近いので、観光がてらぜひ訪れてみてくだたさい!

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!