夏休みに子どもと一緒に観よう!映画評「僕のワンダフル・ライフ」

今年の目標のひとつが1年間で映画を100本観ること。映画館だけで100本観るのは時間的にも費用的にも無理なのでAmazonプライムビデオやDVDレンタルも含めての目標。すでに75本鑑賞しました。

75本目はAmazonプライムビデオで高評価レビューの作品を探していて見つけた「僕のワンダフル・ライフ」。

7月末時点でレビュー数が約170かつ星5つ、星4つで85%という高評価。レビューの評価がこのぐらいだとまずハズレはありません。

この作品も期待を遥かに超える素晴らしい作品で感動の嵐。詳細を書くとネタバレしてしまいますので、割愛しますが、最後は涙してしまいました。色々なわんこが出てきますが、どのわんこも可愛く、それを観ているだけでも癒やされます。

 

吹替版なら小学生でも十分楽しめます。夏休みに家族揃って鑑賞するのにオススメの作品。Amazonプライム会員なら無料で鑑賞できます。


 


 

「僕のワンダフル・ライフ」内容紹介

 

■興行収入約10億円の大ヒット! 唯一無二のストーリーに観客も高評価

劇場公開時には「感動した」「号泣した」など口コミが広がり大ヒット!
同ジャンルの映画としては異例の興収約10億円!

 

■世代を超えて胸に響く、犬と人間の絆を描いた心温まる物語

助けてくれた最愛の少年イーサンに会うために何度も生まれ変わる犬のベイリー。その犬の転生とともに描かれる、人間の愛情、成長、挫折。全世界が涙した号泣必須の壮大な愛の物語。

 

■『E.T.』のアンブリン・エンターテイメント製作!

名作を生み出してきたスタッフ結集による新たな感動作
『ギルバート・グレイプ』『サイダーハウス・ルール』『HACHI 約束の犬』の名匠ラッセ・ハルストレイム、
『スタンド・バイ・ミー』編集のロバート・レイトンらが集結。
そして『E.T.』以来数多くの名作を送り出したアンブリン・エンターテイメント製作のもと作られた新たな感動の名作。

 

【ストーリー】
その犬は何度でも生まれ変わる 少年に会うために…

夏の暑い日、子犬が車に閉じ込められて苦しんでいるところを、8歳のイーサンが助ける。感激した子犬はイーサンから一生は離れないと心に誓う。ベイリーと名付けられた子犬は、遊ぶときも寝るときもいつも一緒の彼らだったが、犬の寿命は人間より短い。そしてイーサンに会うための何度の生き返る事を選んだベイリーの、長い人生の旅は始まる。

犬を飼うことのいちばんの幸せ、それは犬たちがくれる無償の愛。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーが、その愛を捧げた相手は、自分の命を救ってくれた、イーサン少年。1人と1匹は喜びも悲しみも分かち合い、固い絆で結ばれていく。だが、犬の寿命は人間よりうんと短い。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!