食欲の秋到来!ダイエットの際に必要なたったひとつのこと

「食欲の秋」がやってきました。秋刀魚(さんま)や牡蠣を始め、旬の食材が美味しい季節。気温もぐっと下がり食欲も旺盛になってきます。ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまうことを恐れているあなたに朗報。ダイエット、もしくは適正な体重をキープするために必要なたったひとつのことをお伝えします。

img_8290 img_8293

 

それは目標体重・運動量を決めて毎日記録すること

 

たったこれだけ。嘘だと思ったら実践してみてください。必ず目標体重に近づきます。年齢問わずスマートな体型を維持している方に共通しているのは体重を聞いた時に「61kg」などと自分の体重をきちんと把握していること。一方でメタボ体型の方やぽっちゃりを超えて「肥満」な方に共通しているのは体重を聞いた時に「何キロかわからない」と自分の体重を把握していないこと。恥ずかしくて言えないのではなく自分の体重が今何キロなのかわかっていない方がほとんど。

適正な体重を保つために何よりも重要なのは体重を視覚化し推移を把握することに尽きます。また活動量計で1日の運動量を知ることも大切。体重管理は体重計に乗り、それを単にiPhoneなどのスマホで管理するだけ。30秒もあれば済みます。もし資金に余裕があれば乗るだけで無線でスマホと連携し記録してくれる便利な最新型の体重計もあります。ダイエットするためにジムに通うことを思えば安い買い物かもしれません。

体重の記録を付けるアプリは「SimpleDiet」をずっと利用しています。その日の体重が60.3kgだったら起動して603と打ち込んで0Kポタンを押すだけ。あとは自動的にグラフにしてくれます。

シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜

シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
無料
posted with アプリーチ

活動量計は「MisfitRay」を使っています。買って3ヶ月以上経ちますがまだ電池は100%のまま。充電しなくていいのは本当にありがたい。スマホと連動しているので勝手に記録をつけてくれます。每日800ポイント(おおよそ8,500歩)以上を目標にしており会社からの帰宅前や休みの日の夕食前に「MisfitRay」のアプリを確認して目標まで足りない場合は800ポイントに達するまで歩けばそれでオッケー。最近はだいた感覚で1日どのぐらい歩いたかがわかるようになってきました。

活動量計「MisfitRAY」を使って一ヶ月経った結果

体重を管理し始めて3年ほど経ちますが60kgを常にキープしています。美味しいものを食べるときは好きなだけ食べますので2,3日は体重が増えることはありますが、体重が増えた場合は運動量を増やすか食べる量を減らせば確実に体重は減ります。

カロリー取得量と消費量が同じであれば体重が増えることはあり得ません。これ原理さえ分かっていれば体重は必ずキープできます。食べることを我慢できない方は運動量を増やせばいいし、運動が億劫な方は食べる量を減らせばいい。食べるのを我慢できず運動が億劫な方は…太りますね(笑)人間、太リ過ぎで良いことは何ひとつありません。特に歳を取ると膝や腰が体重に耐えられず痛くなり動くのがしんどくなって、また一層太るという悪循環に陥ります。太った方の介護は本当に大変だそう。そうなる前に意識を変えましょう!

関連ブログ

40歳を過ぎても太らない食生活の秘訣とは?

40歳を過ぎたらランニングよりウォーキングが絶対オススメ

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です