アメックスSPGのポイントを使って子連れでセントレジス大阪へ無料で宿泊してきた

今年のはじめに春休みにマレーシア在住の友人と愛媛の道後温泉で合流して旅行する予定を立てていましたが新型コロナウイルスの影響により早い段階で中止にしました。結果的にはマレーシアはロックダウンされたので中止にして正解でしたが道後温泉に旅行できなかったことは本当に残念。

子どもたちは3月から休校になり、公園などでは遊んではいるものの、自宅での生活ばかりでは退屈してしまいます。どこかへ行こうかと思いましたが首都圏は外出自粛要請が出ているため世間は外で遊ぶのはご法度みたいな風潮になっており家族で相談して大阪のホテルで巣ごもりすることにしました。

1泊目はセントレジス大阪へ。ライフスタイルの師匠であるOさんがここがオススメと教えてくれたので初の宿泊となりました。今回もアメックスSPGのポイントを使ったので宿泊料は無料。コロナウイルスの影響のためでしょうか、通常6万ポイント以上しますが5万ポイントで宿泊することができました。

 

車は車寄せに置いておけばバトラーが駐車場まで移動させてくれ、必要な時にまた持ってきてくれます。なお駐車料金は有料で3,500円。

 

ロビーは12階にあり、ここでチェックインをします。天井がとてつもなく高く開放感があり置いてあるソファーも素晴らしいものばかり。ゴールドエリートメンバーなので12時30分にチェックインさせていただきました。

 

このフロアには枯山水の庭園があります。高層ビル群に囲まれた庭園は独特の環境であり周りの椅子に座って佇むのも一興。

 

今回は26階のエグゼクティブルームにアップグレードしてもらえました。フロアへはルームキーがないと移動できないためセキュリティは万全。

 

セントレジスは新しいホテルなのでインテリアもモダンかつゴージャス。そして天井が高く開放感があります。師匠がオススメされた理由がよくわかりました。

 

部屋も天井が高く、伴ってドアの高さも高くなり目の錯覚で大人が小人みたいに見えます。ワタクシは身長170cmですがかなり小さく見えるはず。

角部屋は家族四人で滞在するには十分な広さ。大きな窓からの景色は素晴らしいの一言。遠くにはあべのハルカスが見えます。

 

角部屋のため浴室からも外の景色を眺めることができます。

 

アメニティも充実の品揃え。

 

セントレジスはバトラー(執事)がおり、喉が渇いたらドリンクを部屋まで持ってきてくれますし、靴磨きのサービスなどもあります。今回は普段履いているカジュアルシューズと夕食の時に履いていく革靴を磨いてもらい、ピカピカになって返ってきました。

 

今回の宿泊予約の際に次女が4月誕生日なのでそのことを伝えたらバースデーケーキのプレゼントをしてもらいました。本人には伝えてなかったので大喜び。

 

テレビは42インチと特別大きくはありませんが必要十分。外部入力端子が台下にありますのでここにニンテンドースイッチを繋いでゲームをしたり、AmazonのFireStickTVを繋いで映画「アラジン」を観たりして過ごしました。

 

 

夕食はホテル内にあるイタリアンレストラン「ラベデュータ」で食事することにしました。高級イタリアンですが師匠が「ここのレストランはオススメなのでぜひ!」とのことだったので言われた通りに予約しました。今回の旅行はどこにも外に出かけないので、少々奮発することに。

 

大人はコース料理を、子どもたちはパスタセットを注文しました。ドリンクメニューを渡されましたがどれも驚きの価格。普段目にすることのない値段が並んでいました。ロマネ・コンティはなんと98万円…。こういう世界があるということを子どもたちも知ることができて勉強になったと思います。

ワタクシたちが頼んだのはドラフトビールのモルツとペリエ。ちなみにビールのお値段は1,400円、ペリエは1,300円。お昼に食べたたこ焼き屋の生ビールは250円だったので価格差は約6倍、通常の居酒屋でも約2倍の価格差。ペリエはよく行く焼き鳥屋だと600円なのでこちらも約2倍。これが付加価値ということを娘たちに教えることができました。

 

料理はどれも美味しくて唸るレベル。ただし、高級で美味しいのは当たり前なのでブログの「旨くて唸る名店紹介」では紹介しません。全て美味しかったのですが特に仔羊のソテーが抜群の美味しさ。そしてデザートのティラミスもヤバウマ。

 

子どもたちのパスタセットは野菜チップス、かぼちゃのスープ、サラダと鶏胸肉、そしてパスタ。

 

天井にはクラシックなシャンデリアが吊られており優雅な雰囲気を醸し出しています。子どもたちにはテーブルマナーを教えることができ、クオリティの高い接客も体験してくれたのでそれを考慮すれば適正な価格のディナーだったと思います。ちなみにアメックスSPGのゴールドエリートメンバーの場合、料金が15%ディスカウントされます。

 

ここのレストランは普段はおそらくいっぱいだと思いますが、今回はワタクシたちを含めて3席しか埋まっておらず…。これだけ間隔が空いているとコロナウイルスに感染する可能性はないのですがこのままでは経済が崩壊するので違った意味で危機感を覚えます。

1時間ほどで食事を終えて部屋に戻ったら頼んでおいた加湿器が置いてあっただけでなく、ベッドメイキングしてくれた上に、タオルでハートとぞうさん、かめさんのオブジェがメッセージとともに置いてありました。そして娘たちが持ってきて転がっていたぬいぐるみが並んで布団に入っているというお茶目なサプライズも。いやはや、すごいサービスで娘たちは感動しまくり。

 

外は既に日が落ちており夜景が広がっていました。やはり高い場所からの夜の景色は素敵。毎日こういう風景を眺めている人もいますが、個人的にはたまでいいかな…人間、慣れると感動できなくなるので。

 

風呂はバスタブとシャワールームが別れていますのでゆっくりとお風呂につかって疲れを癒やすことができます。ここでも外の景色を眺めながら優雅に過ごすことができました。

 

この日は本を読んで0時過ぎに就寝。ベッドは添い寝で寝ても十分な広さだったのですが次女は寝相が悪く何度かベッドから落ちていました(笑)落ちることを予想して床に余っていた枕を敷いていたので怪我することはありませんでしたが…。枕元のテーブルにコンセントがありますのでiPhoneの充電もできます。

 

翌朝はゆっくりと午前8時頃に起床。ホテルから歩いて1分ほどのところにあるパン屋が美味しいと評判だったのでワタクシが買い出しに行き部屋で朝食をとりました。ドリンクはバトラーサービスでオレンジジュースとコーヒーをいただきました。

 

食後はジムで筋トレ。リッツ・カールトン大阪はジムを閉鎖しているとのことですがセントレジスは現時点では利用可能。訪れたときは誰もおらず一人で黙々と筋トレに励みました。ホテルのジムとしてはマシンも充実おり一通りの筋トレはできると思います。

 

アメックスSPGの特典として14時までのレイトチェックアウトがあるので、それまでゆっくりと過ごしました。家族でカードゲームの「アルゴ」をしたり、ボードゲームの「チケットトゥライド」を楽しんだり、トランプをしたり。その後は娘たちはスマイルゼミで勉強、ワタクシは読書タイムで「科学的な適職」「サードドア」を読んで過ごしました。

 

13時半に12階のロビーへ降りてチェックアウト。その間に自家用車は1階のエントランスに横付けされており待つことなく出発できました。時間を大切にしている人にとっては有益なサービスだと思います。

今回の滞在でかかった費用は駐車料金の3,500円とレストランの食事代2万円強のみ。レストランの食事はアメックスSPGの特典で15%オフなので少しお値打ちになりました。

これだけのサービスを受けられてたったこれだけの支出で済むのはアメックスSPGのおかげ。アメックスSPGは年一回以上旅行する方なら絶対に元が取れます。いや元が取れるどころのレベルではなく通常体験できないようなハイクラスの体験をすることができます。子どもの情操教育にも絶対にいいのでお子さんがいる方に特にオススメいたします。

興味がある方は直接メッセージいただければ担当者に繋ぎます。悩んだらその場で入会しなくても構いません。話を聴くだけでも結構ですのでお気軽にお声掛けください。内容を聴いただけで申し込まなかった人は今のところいませんが…(^^)

ワタクシからの紹介の場合、一定の条件をクリアしていただければ今なら36,000ポイントプレゼントになります。横浜ベイシェラトンクラスのホテルに一泊無料で泊まれるポイント数になりますので、これだけでも価値があります。

興味がある方はFacebookのメッセンジャーかこのブログの問い合わせページからご連絡くださいませ。そういった手順が煩わしい方は下記のリンクからどうぞ。

過去の宿泊履歴はこちら。すべて家族で無料宿泊しております。

夏休みに家族4人でアメックスSPGの特典を使って軽井沢マリオットホテルへ2泊無料で宿泊してきた

アメックスSPGのポイントでコートヤードマリオット台北に家族4人で3泊無料宿泊してきた

アメックスSPGカードのポイントを使ってフォーポイントバイシェラトン名古屋に家族4人無料で宿泊しました

SPGアメックスカードを使って家族4人で高級ホテルに2泊無料宿泊してきた〜横浜ベイシェラトン編〜

SPGアメックスカードを使って家族4人で高級ホテルに2泊無料宿泊してきた〜ウエスティン東京編〜

ほな!おおきに!